IGS共通プラットフォーム: 創業、運営、収益創出、共有するための共通プラットフォーム

事業の創業、運営、収益創出、共有のための共同フラットフォームの実現のため、IGSは共に事業を始め事業を発展させる人をサポートする共同事業連合の機会を提供します!

一緒に上場会社の事業家、企業家、ボースになりましょう。IGSは新たな事業を始めたり、新たな事業を模索したり、一緒に働く最終的にプラットフォーム内のメンバー、会社、企業家がビジネスの機会を共有し、事業をマッチングしてみ - ウォンの状況を達成にするために、企業の公開を希望する人のための共同事業連合のプラットフォームを心から提供します。

共同事業連合のプラットフォームでIGSは、会員間の連携を確立、強化することをサポートするだけでなく、資金調達や投資を含む事業家への財務的支援を提供するため仲介者の役割をすることにより、企業が世界に進出する端と案内者になっています。企業、上場企業、財務システム、財務リスク管理を一緒に結合する利点を用いて、IGSは、企業が収益成長を追求し事業発展のジレンマから脱出することをサポートしています。

私たちは、直販会社、マルチ商法会社、マネーゲーム会社、単純投資会社ではありません。私たちは、実際にビジネスを運営してお金を稼ぐために、会員が資源と資金を共有する、実際のプラットフォームを創出しました。私たちのプラットフォームは、事業を開始することを望み、事業発展を熱望しているグループの人々を集めることを目標とし、会員は自由に投資を選択したり他の会員と新たなビジネスチャンスをオープンするなどに参加できます。
:: IGSに参与(参加)してください。会員の方々は 3-6ヶ月内に6つの主要利益を 享受します。 ::
1. 特に貴方が良い製品を持っているが資金が足りないとき、私たちは貴方と共に始めます。
企業家精神は資金を必要とします。貴方が創意的で良いアイデアと良い製品を保有したものの同時に事業を始める十分な資金がないとき、IGSは貴方に財務的なサポートをするため手を差し伸べます。

現在の市場では、これまでのところ、新たな事業開始のため資金を提供する企業は存在しません。 ほとんどの場合、企業は人々から参加資金を引き出して投資を担当し、利益を得た後にリターン収益を提供します。
2. 会員間の相互投資
会員が3-6ヶ月内に望ましい会員から投資を受けたり、合作するようにサポートします。例えば、会員として貴方は事業を一緒にする同じアイデアを持っている他の会員を見つけることができます。または、貴方はプラットフォーム内で投資をするため、10%のコミッションを使うことが可能です。会員が所有しているレストランや事業がよく運営されると思われる場合、貴方は彼の事業に投資を選択する自律権を持ちます。
3. 企業公開を希望する企業に財務的サポートを提供 (IPO/事前 IPO)
会員として貴方が5-6個の事業体を所有していて、上場をしたいが資金不足に陥っている場合、IGSは、財務的支援を提供します。会員は、彼の会社が上場された後、分割払いで返済することができます。
4. 企業公開をする会社に対する包括的なサポート
会員として貴方が継続的に実績の良い、安定的な事業を保有しているが、上場会社の利点と上場プロセスを理解していない場合、IGSは専門的な知識と資金で貴方をサポートし、利益を貴方の会社と共有します。
5. パッケージングとリスク
会員として、貴社がフランチャイズライセンス・ビジネスモデルであるが、よく知られていないためフランチャイズを見つけるのが難しい場合、IGSは一部の上場企業の実際の株式を第三者の信託担保として使用します。国際的にリスク移転やリスクの共有を実現するため、貴社を上場会社の子会社または関連会社として含み、IGSも貴社のリスクを負います。
6. 電子株式の収益
IGS連合は、会員の事業をサポートするだけでなく、企業の上場を支援、事業を開始したい会員をサポートできるいくつかの上場企業を保有しています。また、IGSの上場企業の電子株式に投資することも可能です。
インフレとリングキット化の切り下げによって、一つの収入で家計を負担するのは不十分です。したがって、多くの人々がパートタイム仕事に従事したり、お金をもっと稼ぐ方法を見つけています。直販、マルチレベルマーケティング、マネーゲームが人々に歓迎されている理由です。

IGSの調査によると、1980年代以後直接販売とMLMが登場し、他の人に商品を販売する会員を継続的に募集するこのビジネスモデルを「商品販売」と呼びます。 この方法は、商品が実際に販売されたときだけに利益を得るため会員たちは非常に頑張りました。しかし、このような伝統的直販は社会によって排除され、長年の大型ブランド以外はほとんど生き残っていません。

1990年代までには、各会員がプランに加入させる2人を募集するバイナリプランが人気を集め、継続的に下部組織の会員を累積しました。これは、会社の代わりに会員だけがお金を稼ぐこととなり、過度に高いコミッションシステムにより過払い現象をもたらしました。結局このバイナリセールスモデルは廃止されました。

2000年代後半、マネーゲームの登場は世界に衝撃を与え、早くお金を稼ぐ体制(get-rich-quick scheme)で人気を得ました。しかし、マネーゲームのビジネスモデルは、具体的なものではなく、実際のビジネスではなく、ただの仮想マネーに過ぎません。まもなく会員たちは、マネーゲームが詐欺であることを認識し、その後人々の視野から消えました。

2010年の最近までには、上場される会社らについては誇大宣伝が多く低価格で電子株式を購入するように呼び掛けていました。 しかし、その会社は2〜3年後にも上場されておらず、何も得られなかった時に騙されていると気付きました。最終的に、人々は電子株式の仮想ゲームを中断します。
:: 55年後も、上記の成金方式が単純に人気があります::
1. 労働階層
この人々は安定した仕事を持っているが、一生懸命に働いた対価としてもらうお金は事業を起こすことは言うまでもなく家計費用をカバーするにも不十分です。それで、彼らは余分なお金を作りたいときに、簡単な方法だと思うマルチレベルマーケティングを好みます。お金を稼ぐため、加入させる友達だけを探せば良いのです。
2. お金を所有しているが、あえて投資できない人
しかし、彼らはたくさんの預金を保有していても、ビジネスを行うにはリスクがあると理解しています。また、彼らはお金を失うことを心配し、いつ投資の回収ができるのか分かりません。だから彼らはあえて事業を始めたり投資をしない、さらに検討すらしません。しかし、彼らはソーシャルネットワークプラットフォームを使用して、若干ののお金を稼ぐためにマルチレベルマーケティングに加入させる友達を探します。
3. 物質主義者
このような人々は、有名ブランドの服、高級車など最高の楽しみのためのお金を稼ぐためにすべての手段を使いますが、その前提は問題にはなりません。彼らはマネーゲームが詐欺であることを知っているにもかかわらず、友人や親戚にそれを納得させようと努力します。マネーゲームに問題が発生した場合には、責任を回避するため自分も犠牲者であると主張します。

上に述べた三種類の人々を除いて、IGSは堅実な方式で仕事をしている人々を助ける"救助者"になることを希望します。彼らが家族のために豊かな生活を創出できるように、いつか事業を始められることを望んでいます。

貴方が希望する通りに起きることは何もありません。多くの勤勉の労働者は彼らを助けてくれる正しい人を得ることができず、一方、富裕層はビジネスを一緒にする誠実な人を見つけられません。IGSは彼らがビジネスを始め相互利益を得るため、共同事業連合プラットフォームの会員たちの中から適切な人材を確報できるよう“救世主”になって支援したいと思います。